会長ご挨拶

「仲間をつくり、奉仕を拡げよう!」

2021-2022年度
大阪西ロータリークラブ会長
上田 茂久
 顔写真(上田茂久)

2021-2022年度の会長を務めさせて頂くことになりました。歴史と伝統のある当クラブの名前を汚すことのないように、精一杯務めてまいりたいと存じます。どうぞよろしくお願い致します。

本年度RI会長と2660地区ガバナーのテーマとビジョンは、以下のとおりです。

RI会長:シェカール・メータ

テーマ :SERVE TO CHANGE LIVES                             (奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために)

ビジョン:①会員増強 ②女子のエンパワメント ③ロータリー奉仕デーへの参加

2660地区ガバナー:吉川 秀隆

ビジョン :「教育の支援」に重点を置く

RI会長、地区ガバナーの今年度活動方針を踏まえ、当クラブの年間テーマは「仲間をつくり、奉仕を拡げよう!」と致しました。例会や親睦行事で会員間の交流・親睦を図り、仲間をつくり自ら成長し、ロータリー財団等の財源で社会に対して奉仕活動を行う。その奉仕活動を認識いただき、新たなロータリアンが生まれる。そして、また最初に戻り仲間をつくる。このようにロータリー活動はリンクしています。その時々での活動を大事にしていきたいと考えます。

会長挨拶

①奉仕プロジェックト:

・活動を見直し事前に協議して効果的かつタイムリーな活動を行う。

②公共イメージ   :

・特に地域に密着したPRを行い、奉仕の実績をPRする。

③会員増強     :

・MSUをより一層活性化し、仲間づくりを進める。

・例会欠席者にこまめな声かけを行う等、退会防止に努める。

④クラブ管理運営   :

・親睦活動の機会を増やす等、親睦・交流を図れる工夫を行う。

・感染時の例会は、段階に応じて録画配信例会、リアル配信例会、リアル例会に分ける。

⑤ロータリー財団等 :

・目的を明確にし、自らの寄付がどのように使われているかを認識いただき、積極的な寄付をお願いする。

また、本年度は2022年春のライラセミナーのホストクラブとなります。青少年の指導者及び善良な市民としての資質を伸ばす目的に他クラブとの交流、クラブ内の活性化を図り進めてまいります。

以上を本年度のクラブ方針とさせて頂きます。会員の皆様と共に、奉仕活動が実践できる環境を創ってまいりたいと考えます。楽しく元気なクラブライフの実現のため、ご支援、ご協力をどうぞよろしくお願い致します。