会長ご挨拶

「親交を深め、共に行動を起こし、明るく楽しいクラブライフを!」

2018-2019年度
大阪西ロータリークラブ会長
髙 木  健

このたび大阪西ロータリークラブ 2018-19 年度会長に就任いたしました。60年を超える歴史と伝統を持つ大阪西RCの名前を汚すことの無いよう、微力ながら精一杯務めますので何卒よろしくお願いします。

 

さて、本年度RI会長 バリー・ラシン氏のテーマは「BE THE INSPIRATION インスピレーションになろう」です。このテーマの行動キーワードは、「TRANSFORM 変化」「PEOPLE OF ACTION 行動人」「CONNECT 接続」であり、「ロータリアン同士が今以上に繋がり、行動に移すことで、活動が活性化し、大きな勢いとなり、今まで以上に多くの人々を鼓舞したり励ます大きな成果につながる。」と私は解釈しています。

 

又、2660地区の山本博史ガバナーは、①ポリオ撲滅への協力、②ロータリー賞の受賞を目指す、③ロータリー財団、米山奨学金への協力、④会員基盤を増強、⑤ロータリーIT化への協力と公共イメージ向上へのチャレンジ、⑥戦略計画を活用し、中長期ビジョン策定、⑦新IM内の親睦と情報交換推進、⑧ハンブルク国際大会、地区大会、地区事業への積極的参加、⑨地区ロータリーデーへの協力、⑩地区のスリム化、効率化、運営の合理化、財務ルール徹底、以上の10項目を方針として掲げられ、地区のテーマやスローガンは特につくられませんでした。

 

我々大阪西ロータリークラブは昨年6月に60周年を迎えました。一時70名まで減少した会員数も、歴代会長以下、メンバーの協力によって100名まで復活しました。ただ、少し気になるのは、近年なかなか90%を超えない例会の出席率です。本年度は、特に新入会員の皆さんに対し、魅力ある親睦事業や活発な同好会参加を促し、ロータリーに対する理解を深めていただく事で、一緒に奉仕活動に参加いただける環境を作ってゆきたいと思います。その為には、まず、各委員会の委員長の皆さんが、メンバーと親交を深め、お互い鼓舞し、励ましあうことで事業の参加促進をお願いします。

 

以上のことを統括して、大阪西ロータリークラブの本年度テーマを「親交を深め、共に行動を起こし、明るく楽しいクラブライフを!」とし、活動してまいります。

 

  1. 同好会活動を巻き込んだ親睦事業を推進し、会員同士の親交を深め、奉仕事業に積極的に参加しましょう。
  2. 親睦や奉仕事業で知り合いを広めることで、明るく楽しいロータリー活動を推進しましょう。
  3. 会員増強は純増5名を目指します。
  4. 様々なクラブ行事に参加して、ロータリーの基本理念について学びましょう。
  5. マイロータリー登録率アップを含むIT化を推進しましょう。

 

会員の皆さんが、お互いに親交を深め、共に誘い合って奉仕事業に参加いただくことで、明るく、楽しいクラブライフを送れますように、一生懸命頑張りますので、ご協力、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。