会長ご挨拶

大阪西ロータリークラブビジョン 中期計画(2022-25)

JFF(Join・fellowshipfriendship)                                           

参加!親睦!友情!

志を同じくする者が、必ず親睦・奉仕事業に参加し友情を育もう

2022-23年度大阪西ロータリークラブ会長方針 

「過去を敬い未来を想像し時代に即したクラブの構築」                                   

                                                                                 2022-23 大阪西ロータリークラブ会長

                                                                                                                                     相崎 秀樹

相崎秀樹22名簿

このたび大阪西ロータリークラブ2022-23年度会長を務めさせて頂くことになりました。

創立65年を超える歴史と伝統ある当クラブの名前を汚すことのないよう、精一杯務めてまいりたいと存じます。

しかし、伝統を守るということは時代の流れにそぐわないこともあります。過去を敬い新しいことを取り入れ挑戦することも新たな一歩だと考えます。

 

ロータリーの中核的価値観 

時代が変化しても不変なのは、ロータリーを定義づける下記の価値観に対するニーズです。

親睦・高潔性・多様性・奉仕・リーダーシップ

過去を敬い、未来を見据えながら、私たちは進化を遂げ、ロータリーを時代に即した組織とするだけでではなく、繁栄させる事が出来ます。

 

ロータリーのビジョン声明 

私たちは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取り合って行動する世界を目指しています。

 

2022-23年度 国際ロータリー ジェニファー・ジョーンズ会長

テーマ: “IMAGINE  ROTARY”(イマジン ロータリー)

「世界にもたらせる変化を想像して大きな夢を描き、その実現のためにロータリーの力とつながりを生かしましょう。昨日のことをイマジン(想像)する人はいません。それは未来を描くことです。」

 

強調事項:

・「心地よさ」と「会員への配慮」

・DEIコミットメントの推進(2022-23RI会長イニシアチブ/構想

・女性会員基盤の強化

・革新的なクラブ又は活動分野に基づくクラブの設立

・女児のエンパワメント(2021-22RI会長イニシアチブの継続)

2022-23RI会長イニシアチブ/構想

2022-23年度を通じて、ロータリーのすべての会員が、個人、クラブ、地区として、

DEI(多様性、公平さ、インクルージョン)コミットメントの推進

  1. ロータリーにおけるDEIについて詳しく学ぶ
  2. 自分のクラブや地域にとってDEIが重要である理由と、これらの原則を取り入れることがクラブの成長と発展に どのように役立つかを理解する
  3. DEIについての認識を高め、理解を深める
  4. クラブ内や地域社会内でDEIに関する行動を起こす

 

2022-23年度 国際ロータリー第2660地区 宮里唯子ガバナーのテーマと地区ビジョン

テーマ: 「大阪のロータリー100周年を祝おう」

地区ビジョン: 私たちロータリアンとローターアクターは

◆ 持続可能な良い変化を生むために、多様性を重んじ、あらゆる側面で公平さを促進し、異なる考えや価値観をもつ人々による貢献を大切にし、DEI「多様性・公平さ・インクルージョン」を実現します。

◆ RI テーマを理解し、地域の特性にあった活動を通じて、それぞれが「魅力ある・元気ある・個性ある」クラブになる事を目指します。

◆ ロータリーの原点である親睦と奉仕を根幹とし、世界および地域社会で良い変化を生み出します。

◆ 世界の未来を担う青少年の活動を支援し、若きリーダーの育成に努めます。

∗ 2019年規定審議会は国際ロータリーの組織規定を改正し、ローターアクトクラブが国際ロータリーの加盟クラブになりました。

 

優先事項

1.「より大きなインパクトをもたらす」

2.「参加者の基盤を広げる」

3.「参加者の積極的なかかわりを促す」

4.「適応力を高める」

 

以上RI会長、地区ガバナーの本年度テーマ、ビジョンを踏まえ、

当クラブの年間テーマを「過去を敬い未来を想像し時代に即したクラブの構築」

といたします。

 

この2年間コロナ禍の影響により例会、活動自粛、会員間の交流、等 満足する活動が出来ない状況の中、急激な社会状況、環境の変化に対応しながら時代に即した継続可能なクラブ運営、DEI(多様性・公平さ・インクルージョン)コミットメントを実現できる

「魅力ある・元気ある・個性ある」クラブを目指します。

 

ロータリーの原点である親睦と奉仕を根幹とし当クラブ優先事項を掲げます。

・大阪のロータリー100周年を祝う

・会員参加型の奉仕活動・・・活動を通し会員間の絆を深める

・公共イメージ、認知度の向上

・ローターアクトクラブの活性化(会員増強)と協働事業の実施

・会員増強(女性の割合を増やす)・退会者防止

・ホームクラブ出席率、メークアップ出席率向上(オンライン参加可能な環境構築)

・例会、行事出席報告の義務化

・新旧会員の交流親睦会の実施(オンライン参加可能な環境構築)

・卓話の充実

・同好会の充実

・クラブの健康チェック、会員満足度調査の実施

 

以上を本年度のクラブ方針とさせて頂きます。

会員の皆様が共に親交を深め、学び心地よいクラブライフが送れる環境を創ってまいりたいと考えます。未来を想像し楽しく、魅力あるクラブの実現のため、会員皆様のご支援、ご協力をどうぞ宜しく御願い致します。