会長ご挨拶

「ロータリーの基本にもどり、楽しく元気なクラブを創って、

ロータリーを一層進化させよう!」

2020-2021年度
大阪西ロータリークラブ会長
村上  正

村上会長顔写真

このたび大阪西ロータリークラブ2020-21年度会長を務めさせて頂くことになりました。

創立60年を超える歴史と伝統ある当クラブの名前を汚すことのないよう、精一杯務めてまいりたいと存じます。

さて、本年度RI会長 ホルガー・クナーク氏 のテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」であります。

ロータリーは価値を共有し高潔な心を持つ人のコミュニティであり、友情と人脈づくりの機会が、人びとをロータリーに引きつける。そしてロータリーは奉仕プロジェクトを実施し、これをやり遂げる機会を与えてくれる。奉仕のアイデアを実行に移すため、世界を旅する機会。そしてリーダーシップの機会を与えてくれる。より豊かで意義ある人生への機会の扉を開いてくれる。ロータリーとは、こうした無限の機会への招待だ、と言われております。

本年度RI第2660地区 簡 仁一 ガバナーは地区ビジョンとして、

・RIテーマを理解し、地域の特性にあった活動により具現化する

・ロータリーの原点である親睦と職業奉仕を根幹とし、世界および地域社会でよい変化を生み出す

・それぞれが「魅力ある・元気ある・個性ある」クラブになる事を目指す

を提唱され、また地区年次目標として

1.会員基盤の強化

2.ポリオの根絶

3.青少年の活動を支援

4.ロータリー財団活動の推進

5.米山記念奨学会活動の推進

6.IT化の推進と公共イメージの向上

を掲げておられます。

こうした目標達成活動の地区スローガンを

「BACK,To the FUTURE」~基本に戻って、未来へ~

ロータリーの基本を再認識し、ロータリアンとしての

誇りと自信を持って、ロータリーの未来をつくる

とされました。

近年、多くの諸先輩の努力により、大阪西ロータリークラブは100名を超すビッグクラブに復帰することができました。しかしながら大切なのはクラブのメンバー数ではなく、その「ロータリー活動の質と量」であることは言うまでもありません。

 

そのため私は、本年度の大阪西ロータリークラブの活動テーマを「ロータリーの基本にもどり、楽しく元気なクラブを創って、ロータリーを一層進化させよう」と設定しました。

 

そして、具体的には次のように活動してまいりたいと思います。

 

1.ロータリーの価値観を再認識し、ありたいクラブ運営を考え、クラブビジョンを策定しましょう

 

2.クラブの基盤強化のため、更に多くのロータリーの仲間を増やす会員増強活動を強力に推進しましょう

 

3.親睦事業や同好会活動を活発化し、会員の相互理解を一層深め、共に奉仕活動を実践し、クラブと地域社会を共生させましょう

 

4.ローターアクトの活動、青少年の活動を支援し、共同事業に積極的に参加しましょう

 

5.ロータリー財団、米山奨学会に積極的な寄付を計画的に実施しましょう

 

6.マイロータリーの登録率を一層高め、クラブ・セントラルを活用し、またITツールを積極的に利用し、会員相互のコミュニケーションを向上させましょう

 

以上を本年度のクラブ方針とさせて頂きます。

会員の皆さまが共に親交を深め、共にロータリーを学び、ロータリーを考え、ロータリーを実践できる環境を創ってまいりたいと考えます。楽しく元気な大阪西ロータリークラブ実現のため、会員の皆さまご支援、ご協力を宜しくお願い致します。