会長ご挨拶

『好ましい変化を起こそう

2017-2018年度
大阪西ロータリークラブ会長
市 川 雅 邦

市川会長のコピー

このたび大阪西ロータリークラブ2017-18年度会長をつとめさせていただくことになりました。60年の歴史と多くの先輩たちの努力の結晶である大阪西ロータリークラブの会長ということでその責任の重さで身の引き締まる思いです。

さて、本年度RI会長 イアン H.S.ライズリー氏のテーマは、「Rotary:making a difference ロータリー:変化をもたらす。」です。それぞれどのような方法で奉仕することを選んだとしても、その理由は奉仕を通じて人びとの人生に変化をもたらせると信じているからです。

「私たちは、ロータリーの奉仕活動が多かろうが少なかろうが誰かの人生を良くしているのだと知っています。ロータリー入会のきっかけが何であれ私たちがロータリーにとどまりつづけるのは、ロータリーで充実感を得ることができるからです。この充実感は毎週、毎年「変化をもたらす」ロータリーの一員であることから湧き出てくるものなのです」と言っておられます。

RI第2660地区片山ガバナーは、「個性を活かし、参加しよう」というテーマで基本理念と奉仕活動の充実、実践を訴えておられます。

70名まで減少した会員数もメンバーズ・スカウティング・ユニット(MSU)の活動や会員の積極的な活動の成果もあり現在100名の会員数になりました。歴代会長をはじめ役員、会員の皆さまのご尽力に敬意を表したいと存じます。このように大阪西ロータリークラブは、会員増強の成果のもと親睦、奉仕活動、同好会と非常に活性化されてきました。この良い潮流を継続させていくためにも、会員同士がより交流を深める親睦に積極的に参加していただけるように、また会員が自分の特性に合わせた奉仕活動ができますようにサポートをしてまいります。そこで今年度のクラブのテーマを「好ましい変化を起こそう」を掲げ、活動してまいります。

 

1.親睦に参加し、奉仕を実践し、クラブと地域社会とロータリアンに好ましい変化を起こしましょう。

2.クラブフォーラム、クラブアッセンブリー、ファイアサイドミーティング等クラブ行事に参加してロータリーの基本理念について知り学びましょう。

3.戦略計画委員会にてクラブの課題を把握して中期計画の立案と実施の検討を行います。

4.会員増強は純増5名を目標に引き続きメンバーズ・スカウティング・ユニット(MSU)の活動を実施します。

5.マイロータリー登録率50%を目標とし、IT化にも対応します。

 

以上を今年度のクラブ方針とさせて頂きます。

会員の皆さまが知り合いを増やし素晴らしい仲間とともに、楽しいクラブライフを送れますよう微力ではありますが、一生懸命務めてまいりますので、会員皆さまのご協力、ご指導のほどなにとぞよろしくお願い申し上げます。